相続対策

充実した人生を過ごしながら、円満な相続を迎えるためにやるべき9のポイント

  1. 法定相続人とは誰か
  2. 法定相続分はどれだけか
  3. 相続財産は何があるか
  4. 相続税はかかるか
  5. 相続税をどうやって払うか
  6. 誰にに似を残すか
  7. 我が家の特殊事情はなにか
  8. 何も対策をしないとどうなるか
  9. 相続対策の3原則のどれを優先するか

相続対策の3原則


相続対策に有効な4つの活用

①遺言の活用

自分の意思で、法定相続分と違う財産の分け方が指定できる(ただし、遺留分への配慮が必要になる)。
残された人が争わないよう、また判断に迷わないように考えを示しておく(相続人全員が合意すれば、遺言と違う財産分けをすることができる)。

【主な遺言の種類】

自筆証書遺言:「とりあえず」・「取り急ぎ」の時に有効。
公正証書遺言:「検認」不要・安全・安心なのでおススメ。

②生前贈与の活用

いつでも・何度でも・誰にでも・いくらでも可能。

相続まで待たずに、生前に財産分けをすることがでる。

もらってうれしい・「ありがとう」と言える。喜ぶ顔が見れる。

【贈与の種類】
暦年贈与:年110万円まで非課税
相続時精算課税制度:2,500万円まで非課税
住宅取得費金贈与:1,000万円まで非課税(期限付き)

③生命保険の活用

生命保険は、「分割対策」「納税対策」「分割対策」に効果を発揮する。

④資産の組み替えによる有効活用

何もしないで、じっとして守り、残す人生。
資産の組み換えにより収入を増やしお金を使って楽しむ人生

もっと大切な対策

相続対策を考えることは「生き方」を考えること

相続の主役は不動産屋お金などの財産ではなく、人間です

それぞれの生き方があります

  • 財産を守り、残し、継がせるために生きる
  • 財産を活かし、収入を使って楽しく生きる
  • 財産はないけど、一生懸命に生きる
  • こうした生き方を伝え、受け継ぐことが相続の本質です
    相続までの人生をどのように生きるか。亡くなった人から何を受け継ぐか。鼠賊は、相続される人・想像くする人の生き方・考え方が現れます
    円満で幸せな相続を実現するためのお手伝いをさせていただきます