不動産のちょっと怖い話 山田です!

カテゴリー:スタッフの日記

不動産のちょっと怖い話 山田です!

こんにちは

毎回お久しぶりのスタッフ山田です♪

 

今日は不動産にまつわる「ちょっと怖いお話」をお伝えしたいと思います。

 

「怖いお話」と言ってもルールをきちんと理解し守ってさえいれば何でも無いことなのですが。。。

 

 

今月初めの某大手A新聞の朝刊に以下のような記事が掲載されていたので皆さんにご紹介したいと思います。

 

その概要をご説明すると

 

食品会社を経営する74歳の男性S氏は、「異業種交流会」で知り合った不動産仲介会社の営業マンから「水商売の人が部屋を借りられなくて困っている。」「法人契約なら審査を通り易いので名義を貸して欲しい。」との相談を受け、人助けになるとの思いも有り軽い気持ちで承諾し「住民票や印鑑証明書」を渡した上で報酬として7万円を受け取りました。それから半年ほど経ったある日、東京地裁から民事訴訟への出頭を求める書面が届いてしまいます。その理由は、人助けのつもりで名義を貸した賃借物件の借主が第三者に「また貸し」を行い特殊詐欺グループの犯罪拠点として使われてしまった結果、多くの被害者を生む事件となり、当該物件は連日ニュースでビルの外観が放映されたり、インターネットでビル名を検索すると「詐欺事件のニュースが表示される状態」となってしまった為、ビルの所有者が原告となり「所有ビルの資産的な価値の下落の賠償を求めて」S氏を被告として訴えたのです。S氏はどうすれば良いのか分からないまま、仲介会社の担当営業マンにビル所有者との和解交渉の相談をするなどしてみたものの結局解決しないまま時間だけが過ぎ、地裁はS氏側が争わなかったものと見なして原告の請求通りS氏に1,900万円の賠償金を支払うよう判決を出しました。

 

 

怖いですね。

人助けのつもりが、1,900万円の賠償金を支払うことになってしまいました。

 

 

警察庁によると、2015年に全国の警察が摘発した特殊詐欺の犯罪拠点は、ほとんどが賃借名義人と実際の利用者が異なっていたそうです。

また、国民生活センターによると「知人の依頼で名義を貸したら未払いの賃料を請求された」「貸主から『また貸し』だとして違約金を請求された」などの相談が増えているそうです。その中には「民泊」に絡むものも含まれています。

 

 

貸主に無断でまた貸しをすることは民法で禁じられており、名義貸しもこれにあたります。

上記の不動産仲介会社の担当者は「賃貸物件の名義貸しは横行している。貸主も黙認しているケースが多い。家賃さえ入れば良いからだ」と明かしています。

 

オーナー様にとっては「家賃収入」はもちろん大事です。しかしトラブルになって不動産の資産的な価値が下落しては本末転倒ではないでしょうか。

ライフアシスト株式会社では、世の中の動きに目を凝らし、オーナー様にとって適切なアドバイスをさせて頂きながら管理を行っております。

空室対策などでお悩みのオーナー様がいらっしゃいましたら是非弊社にご相談下さい。

物件選びで注意すべきポイント(物件検索編)

 

お久しぶりです!スタッフの山田です。

ちょっと前まで「暑いですねぇ」などと会話していたのに「あっ!」という間に朝晩はとても冷えるようになってきましたね。私などは先日ダウンジャケットまで着用した日がありました。温暖化してきているのは間違いないのでしょうが、やっぱり日本には「四季」があって、秋には秋らしく冬には冬らしくあってほしいと願う今日この頃です。。。

 

さて、本日も本題に入って参りたいと思います。

 

前回の私のブログでも書いたのですが、

今の時代、お部屋探しをするのにインターネットの物件検索サイトをご利用になったことが無い方とうのは、スマホをご利用になっているような方々の中ではあまりいらっしゃらないのではないかと思います。弊社にお越しになるお客様に質問してもアットホームや、スーモ、ホームズなどの「サイトで見たのですが」というお返事がだいたい帰ってきます。

 

ひと昔前(私がこの業界に入った頃)は、不動産の物件探しをインターネットでというと

「ヤフーの不動産ページ」しか無かったと記憶しています。(私が知らなかっただけで他にも有ったかもしれませんが) 当時は、創業間もない不動産会社でもヤフー不動産に物件情報を多数掲載することで集客に結び付け、業績を急拡大させていった会社を何社か見てきました。今ではテレビコマーシャルまで流しているような会社もその中の一社です。

 

横道に逸れてしまったので元に戻します。

このページをご覧になっている皆さんは、お部屋探しを既になさっているかこれから始めようとしている方々なのではないかと思うのですが、物件検索サイトでお部屋を探す場合、皆さんはどんな「検索条件」を入力してお部屋をお探しになっていますか?

基本的に多いのは「最寄り駅からの距離(分数)」や「バス・トイレ別」そしてご家族構成によって「お部屋の数・広さ」などではないかと思うのですが、一点「築年数」を条件にしている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

確かにイメージとして、築年数が経過している建物・お部屋は「古そう」とお考えになってしまうのは仕方が無いことかもしれません。ですが、オーナー様によっては結構な費用をかけてリフォームやリノベーション工事を実施し、新築同然の状態に生まれ変わっている物件も多々存在していることを知っておいて頂きのです。

 

先日私が初めてお取引させて頂いたオーナー様からお預かりした賃貸物件も、築年数は30年ほど経過している一軒家でしたが、大手ハウスメーカーの施工で耐震補強工事を行うと共に、躯体部分だけ残して間取りの変更から水回りの総交換などのリノベーション工事を実施した結果、見た目だけで判断すると新築にしか見えないお住まいに生まれ変わっていました。そのせっかくの物件が「築年数」を検索条件に設定してしまったが為に皆さんに気付いてもらえなくなってしまったらと思うと、とても残念ですしもったいない事だという思いから、今回ブログに掲載させて頂くことにした次第です。

 

おかげ様でこの物件はお申込みが入り無事ご契約の運びとなりましたが、この物件の他にもオーナー様が綺麗に生まれ変わらせたお部屋が数多く存在しています。

そういった情報は、物件をお預かりしている私ども不動産会社にお越し頂かないと分からないことも多いです。

池上線沿線でお部屋をお探しのお客様は是非千鳥町にある「ライフアシスト(株)」まで足をお運び下さい。

私も含めて弊社スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

物件選びで注意すべきポイント(初期費用編)

こんにちは♪

スタッフの山田です。

梅雨明けにはまだ時間がかかりそうですが、

セミの鳴き声が聞こえる季節になりましたね。

もうすぐ大好きな夏がやってきます!(既に夏バテ気味の方がいらっしゃいましたらご容赦ください)

 

さて今日の本題に入りましょう!

 

《同じ賃貸物件でも初期費用が違う!?》

現在では、アパートやマンションをお借りになりたいと思った時、

インターネットで賃貸物件情報を集めるのが一般的ですね。

ご希望のエリアやご予算などに応じて検索すると数多くの物件情報が表示されてきます。

その時皆さんもお気付きになったことがあると思います。

明らかに同じ賃貸物件の情報を多数の不動産会社で掲載していることに。。。

ある物件は1社しか掲載情報が無いのに、ある物件は3社も4社も掲載されている。

これな何故なのか?

端的に言うと「オーナー様の意向」です。

数多くの不動産会社に窓口となって募集活動してほしいとオーナー様が思えば

募集活動開始の際に不動産会社と交わす書類を「いろんな不動産会社に頼みます」という

内容の書類になっているわけですが、本日はここから先は割愛します。

 

さて、同じ物件情報を3社も4社も掲載している場合、

何を基準に問い合わせする不動産会社を選べば良いか分らなくなることもありますね。

聞いたことのある名前の不動産会社を選ぶ方もいれば、

会社の所在地が物件に近いとかご自宅に近いとか

選択の基準は様々だと思います。

でも、ここはひとつ合理的に不動産会社を選ぶ方法をお伝えします。

ご面倒でも、それぞれの不動産会社ごとの記載内容の違いをチェックしてみましょう!!

特に「保証会社利用の有無」や「備考欄」が重要です!!

保証会社利用とは、家賃の滞納が発生した時に備えてご加入いただくものです。

「保証会社利用必須」と記載がある場合、

1カ月分の賃料の50%前後(会社によって異なります)を保証会社に保証料として支払う必要があります。

家賃が月10万円のお部屋に入居する場合、5万円の保証料がかかることになります。

以前は個人の「保証人」の方を確保して、家賃滞納などの際に備えるのが一般的でしたが、

保証人の方を確保出来ないケースが増えてきたり、

保証人の方に印鑑証明をご用意頂いたり、書類のやり取りが煩わしかったりで、

結局、有無を言わせず「保証会社利用必須」としている不動産会社が増えているのが実情です。

保証人の方を確保出来る方にとっては、余計な費用がかかるだけになってしまいますね!

 

次に、備考欄などに記載されている内容によって費用が変わるケースですが、

よくあるケースが「書類作成費用」でしょうか。

初期費用ではなくなりますが、

賃貸借契約期間更新の際に更新料とは別に「書類作成費用」の支払いを求める会社もあります。

他に多いのが、24時間サポートを謳った「○△※クラブ入会費用」(2年毎に2万円等)や

「除菌消臭○△※費用」(入居時1.5万円)

「鍵交換費用2.16万円(税込)」などなど。

 

オーナー様が同じだからと言って、

これらの内容がどこの不動産会社でも同じということでは全く無いのです!

どの費用も、各不動産会社が会社の規定で独自に設定しているものばかりです。

ちなみに弊社「ライフアシスト㈱」では、どの物件についても保証会社利用が必須ではありません!!

しかし、お客様のご都合によっては保証人の方の確保が難しかったり、

社会人になったばかりで、安定収入の見込みが立てづらい場合などに

必要に応じて保証会社のご利用をご提案する形を取らせて頂いております。

イニシャルコストは出来るだけ抑えてあげたい!

ライフアシスト㈱はそんな趣旨で日々活動している不動産会社です!

千鳥町を中心に池上線沿線でお住まいをお探しの際は

是非当社にもお寄り下さい。お待ちしております!!

池上線 千鳥町駅の魅力 素敵なお店の紹介 ~番外編③~

スタッフです。

千鳥町駅から弊社に向かう道の途中、右手に「おかの」という和菓子屋さんがあります。

P1000904

 

店内のガラスケースにはいつも美味しそうな和菓子が並んでいます。

ご夫婦で切り盛りをされている和菓子屋さんで、朝早くからこれらの和菓子を手作りで作っているそうです。

P1000903

 

この日は桜餅をいただきました。

餡子は甘すぎず、昔ながらの落ち着いた懐かしい味がしました。

P1000943

 

もうすぐ5月5日、こどもの日で柏餅ですね。

 

千鳥町のお近くに来た際には、和菓子屋さん「おかの」と弊社「ライフアシスト」にもお気軽にお立ち寄りください♪

 

池上線 千鳥町駅の魅力 素敵なお店の紹介 THE LIVING ~番外編②~

スタッフです

以前から気になっていた、弊社の右斜め前の建物2階にあるエッグベネディクトのお店に行ってきました。THE LIVING

IMG_4655[1]

店内へは靴を脱いで入ります。

中はソファー席で、期待通りおしゃれな落ち着いた空間でした。

IMG_4644[1]

さっそく土日祝日限定のエッグベネディクトを注文。

種類がたくさんあり迷いましたが、私は「マダムのエッグベネディクト」というトマトとアボカドが挟まったサラダ仕立てのベネディクトにしてみました。

IMG_4648[1]

初めてエッグベネディクトを食べましたが、とても美味しい!!

ナイフで切ると中からトロトロの黄身が広がります。

周りはサラダですが、思ったよりボリュームがあります。

 

単品で1200円、セットメニュー(ドリンクとプチアイス付)で1700円。

おしゃれな空間でこの美味しさなら、少しお高めですが行く価値はあります!

 

他にもワッフルやエスプレッソのデザートもあり、まだまだ気になるメニューがたくさんあったので、

またゆっくり行ってみたいと思います。

みなさまも千鳥町に来た際は是非行ってみてください。

(※夜は営業していないので注意してくださいね)

その際は斜め前の弊社にもお立ち寄りください^^

 

大田区民泊説明会Part2

皆さんこんにちは。

こちらでは初めてお目にかかりますスタッフの山田です。宜しくお願いします。

先日、社長の都築から「大田区の民泊説明会」に参加した際の内容についてご紹介をしましたが、

今回は会場の雰囲気や私個人の感想をお伝えしたいと思います。

まず、説明会場の「池上会館」に到着して驚いたのはその参加人数の多さです。

今回で4回目の説明会の開催ですが、おそらく300名以上の方が来場しており、

予約制ですから当たり前なのですが、会場全体に用意された椅子にあまり空きが無い状態でした。

それだけ大田区内の皆さんの「民泊」への注目度が高いことの証明ですね。

資料に基づいて「民泊事業」の認定を受ける為に行う手続きの具体的な流れや

大田区の各担当部署の方から、申請時の注意事項などについての説明が行われた後、質疑応答となったのですが、

質問される皆さんからは、実際に事業を開始してからを想定していると思われる具体的な質問が多く、

大田区内では今後益々「特区民泊」の事業者申請件数が増えていくと考えられます。

最後に「エアーB&B」などに既に空き部屋などの民泊利用登録をしている方もかなりの数いらっしゃると思います。

「民泊」というスタイル自体がここ数年で拡がりを見せてきたばかりで、

問題点や発生するトラブルについての対処法などに関してノウハウが積み上がっているとは言えない中で、

そこに、言わば「大田区のお墨付き」を得た「民泊事業者」が多数参入してくる事がどの様な影響を与えるのか、

是非今後の動向に注目していきたいと思います。

「大田区特区民泊事業」にご興味を持たれた方は第5回の説明会も行われるそうですので、

大田区のホームページに詳細が紹介されておりますのでご利用下さい。